イマジニアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(4/22)】『Fit Boxing』の世界累...

【ゲーム株概況(4/22)】『Fit Boxing』の世界累計出荷30万本突破を材料にイマジニアが急騰 前期決算の赤字幅縮小でベクターも一時485円まで買われる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
4月22日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら続伸し、前日比17.34円高の2万2217.90円で取引を終えた。中国・上海市場の下落を受けて、一時マイナス圏に沈む場面があったものの、今週末からの10連休を意識したポジション調整の買い戻しの動きもあり、売り一巡後は前日終値を挟んだ水準での推移となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、イマジニア<4644>が前場引け間際に一気に900円台後半まで急騰した。イマジニアは、ニンテンドースイッチ用ソフト『Fit Boxing』が全世界の累計出荷販売本数30万本を突破したと発表したことが材料視されたようだ。

ほか、ブロッコリー<2706>やイグニス<3689>などが高く、前週末4月19日に発表した2019年3月期の決算で赤字幅が縮小したベクター<2656>も一時485円まで買われる場面があった。

半面、任天堂<7974>は、前週末にニンテンドースイッチの中国販売認可による思惑から急騰した反動で小安く、カヤック<3904>は大幅続落した。

ケイブ<3760>やenish<3667>、モバイルファクトリー<3912>なども売られた。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イマジニア

企業情報(イマジニア株式会社)

会社名 イマジニア株式会社
URL http://www.imagineer.co.jp
設立 1986年1月
代表者 代表取締役会長 兼 CEO 神藏 孝之/代表取締役社長 兼 COO 澄岡 和憲
決算期 3月
直近業績 売上高45億6900万円、営業利益6億3500万円、経常利益8億5700万円、最終利益4億9600万円(2018年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4644

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事