19年1-3月決算、モバイルファクトリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報2】モバイルファクトリー、1Qは『駅メモ!』アプリ版4...

【速報2】モバイルファクトリー、1Qは『駅メモ!』アプリ版4周年の反動でQonQでは減収減益に 『駅メモ!』のDAUはこの四半期も過去最高に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
モバイルファクトリー<3912>は、4月19日、2019年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算を発表、売上高7億6100万円(前年同期比32.1%増)、営業利益2億3800万円(同75.4%増)、経常利益2億3800万円(同76.0%増)、最終利益1億6500万円(同77.6%増)となった。
 

ソーシャルアプリサービスの位置情報連動型ゲームについては、主力の『ステーションメモリーズ!』(以下『駅メモ!』)において、他社IPとのコラボイベントの実施や兵庫県の城崎温泉キャンペーンの実施などを行った。その他の位置情報連動型ゲームの『駅奪取』においては、「宇宙戦艦ヤマト2202遙かなる旅路」とのコラボイベントの実施など、ゲームを継続して遊んでもらえるような施策を実施した。

コンテンツサービスについては、自社で運営している各着信メロディサービスの課金会員数が緩やかに減少となっており、リソースを縮小している。

ブロックチェーンサービスは、ブロックチェーンゲームとアプリ(DApps)に特化した日本初の検索サイト「FinDApps(ファインダップス)」のベータ版をリリースした。また、その他の新規DApps周辺サービスにつきましては順次開発を行っている。

■QonQでは減収減益も想定通りの推移 『駅メモ!』のDAUは過去最高に
業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上高は前四半期比9.7%減、営業利益は同10.1%減、経常利益は同10.1%減、最終利益は同9.0%減となった。これは前四半期となる2018年10~12月期には、『駅メモ!』がアプリ版の4周年イベントを実施し、好調に推移した反動が出ているもので、会社側としては売上高、営業利益ともに想定通りの推移としている。また、『駅メモ!』のDAU(日次アクティブユーザー数)はこの四半期も過去最高を更新しているという。

なお、2019年12月期の連結業績予想については、グループの事業を取り巻く環境が急速に変化しており、事業の成長速度を予測することが難しく、現時点で信頼性の高い通期の業績予想を算出することが困難なために非開示とし、第2四半期累計の連結業績予想のみを開示。2019年12月期の第2四半期累計(1~6月)の業績予想は、従来予想から変更なく、売上高15億5800万円(前年同期比13.8%増)、営業利益4億500万円(同8.9%増)、経常利益4億500万円(同9.1%増)、最終利益2億8000万円(同9.3%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年1-3月決算モバイルファクトリー

企業情報(株式会社モバイルファクトリー)

会社名 株式会社モバイルファクトリー
URL http://www.mobilefactory.jp/
設立 2001年10月
代表者 宮嶌 裕二
決算期 12月
直近業績 売上高24億3700万円、営業利益7億3600万円、経常利益7億2200万円、四半期純利益5億1100万円(2017年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3912

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事