日本一ソフトウェアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(4/1)】ギークスがS高 『ディスガイアR...

【ゲーム株概況(4/1)】ギークスがS高 『ディスガイアRPG』が再度の緊急メンテ入りで日本一ソフトが大幅続落 enishやガンホーなども買われる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
新年度相場のスタートとなる4月1日の東京株式市場では、日経平均株価は大幅続伸し、前日比303.22円高の2万1509.03円で取引を終えた。前週末の米国市場高に加え、為替が1ドル=111円台まで円安方向に振れたことで、朝方から買い物が先行した。新元号決定によるご祝儀相場の一面もあったようだ。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ギークス<7060>がこの日もストップ高と強さを見せたほか、enish<3667>やエディア<3935>、ケイブ<3760>、ガンホー<3765>などが買われた。ギークスは上場初日にあっさりと初値を付けたものの、その後は評価局面が続く格好となっている。

半面、日本一ソフトウェア<3851>が下げ幅を拡大して3日続落した。日本一ソフトは、3月30日に入場制限付きでサービスを再開したフォワードワークスとの共同開発タイトル『魔界戦記ディスガイアRPG』が、31日からふたたび緊急メンテナンスに入ったことが嫌気されている。

ほか、アクセルマーク<3624>やサイバーステップ<3810>、バンク・オブ・イノベーション<4393>などが安い。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 日本一ソフトウェア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事