18年10-12月決算、モバイルファクトリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【モバイルファクトリー決算説明会速報】位置情報ゲームは他社の...

【モバイルファクトリー決算説明会速報】位置情報ゲームは他社の新たなタイトルが登場も「いい意味で市場が活性化」(宮嶌氏)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

モバイルファクトリー<3912>は、1月25日、東京都内で決算説明会を開催した。説明会では、同社の宮嶌CEO(写真)がブロックチェーン関連の取り組みなど今後の方向性の説明を行い、深井取締役とモバイルサービス事業部長の佐藤氏が2018年12月期の決算や事業の概要についてを説明した。今回はその中から同社の現在の収益源である位置情報ゲームの現況について取り上げたい。

開発のリソースをブロックチェーン関連に集中している同社だが、現在の収益源である『ステーションメモリーズ!』(以下『駅メモ!』)については安定した成長を持続させていく方針だ。地方創成についても千葉都市モノレールとの取り組みが好評により、2019年12月まで期間延長となるなど着実に成果を上げている。

なお、現在の位置情報ゲームの市場については、『テクテクテクテク』(配信:ドワンゴ)や『妖怪ウォッチ ワールド』(配信:ガンホー<3765>)など新たなタイトルも登場していることについて、「ライバルが増えているようだが、ユーザーの入り口を広げており、いい意味で市場が活性化している」(宮嶌氏)とし、「『駅メモ!』は乗り物に乗るタイプの位置ゲームで、ほかは歩くタイプのゲームで厳密にかぶるタイトルは今のところ出ていない」(同)としていた。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モバイルファクトリー18年10-12月決算

企業情報(株式会社モバイルファクトリー)

会社名 株式会社モバイルファクトリー
URL http://www.mobilefactory.jp/
設立 2001年10月
代表者 宮嶌 裕二
決算期 12月
直近業績 売上高24億3700万円、営業利益7億3600万円、経常利益7億2200万円、四半期純利益5億1100万円(2017年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3912

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事