Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(1/9)】マリオ新作発売控える任天堂が買われ...

【ゲーム株概況(1/9)】マリオ新作発売控える任天堂が買われる 中国Giant社とスマホゲーム共同開発発表でAimingが急動意 ケイブは7日ぶり反落

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
1月9日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続伸し、前日比223.02円高の2万427.06円で取引を終えた。米中両政府による次官級の貿易協議が進展することへの期待感から米国市場が買われ、国内市場も朝方から買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、1月11日にNintendo Switch向けの新作ソフト『NewスーパーマリオブラザーズUデラックス』の発売を控える任天堂<7974>が買われ、カプコン<9697>やネクソン<3659>、サイバーエージェント<4751>なども高い。

また、前場場中に中国Giant社とスマホゲーム『Project:R』の共同開発契約を締結したと発表したAiming<3911>が一時445円まで買われたほか、エムスリー<2413>とのオンライン医療事業を目的とした共同出資会社LINEヘルスケアを設立したことを発表したLINE<3938>も4日続伸した。

半面、明日1月10日に第2四半期決算の発表を控えるケイブ<3760>は、その発表への警戒感と新作『デビルブック』の配信開始による目先材料出尽くし感から7日ぶりに反落し、エクストリーム<6033>やアエリア<3758>、オルトプラス<3672>の下げもきつい。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事