RO仙境傳說:守護永恆的愛(Ragnarok M)、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外展開記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー子会社Gravityの『Ragnarok M: Et...

ガンホー子会社Gravityの『Ragnarok M: Eternal Love』が引き続き東南アジアで好調…タイ、インドネシア、フィリッピン、シンガポールで首位

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国Gravityが運営するモバイルオンラインゲーム『Ragnarok M: Eternal Love』が東南アジア地域を席巻している。タイとインドネシア、フィリピンのApp StoreとGoogle Playのセールスランキングで首位の座をキープしている。東南アジアトップタイトルとしての地位を確立したといってよさそうだ。

本作は、PCで人気を博した人気MMORPG『ラグナロクオンライン』のモバイルゲーム版にあたる。3D技術を活用しながら、『ラグナロクオンライン』をモバイルで再現した。Gravityは、10月30日に東南アジアでリリースしたが、その2日後となる11月1日にApp Storeのセールスランキングで首位を獲得し、Google Playでも11月4日には3カ国に加えてシンガポールでも首位となった。このほか、ラオスやブルネイでも首位を獲得した。

12月2日時点の配信国における売上げランキングの状況は以下のとおり。App StoreとGoogle Playともにほぼすべての国でTOP10に入っていた。東南アジアトップタイトルとしての地位を確立したといってよさそうだ。来年予定されている、日本や欧米などその他の地域でのリリースにも期待が募る。

 
【12月2日のApp Store売上ランキング】



【12月2日のGoogle Play売上ランキング】


また、タイ、インドネシア、フィリッピン、シンガポールの売上ランキングの推移は以下のとおり。

 
【App Store売上ランキング】
▲タイ、フィリピン、インドネシアのセールスランキングでは首位を快走している。シンガポールでも首位が見えてきた。
 

【Google Play売上ランキング】
出所:AppAnnie
 


なお、ガンホーでは、2019第1四半期に北米、南米、オセアニア展開、そして2019年中に日本国内でリリースする旨のアナウンスを行っている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事