伝説対決-Arena of Valor-、Tencent(テンセント)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報1】テンセント『伝説対決』の配信は「海外勢の攻勢を逆に...

【速報1】テンセント『伝説対決』の配信は「海外勢の攻勢を逆にチャンスと捉えた結果」(DeNA守安社長) マーケティングでMOBAの楽しさを伝えたい

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>の守安功社長(写真)は、本日(11月8日)開催の決算説明会で、テンセントゲームズと提携し、『伝説対決-Arena of Valor-』をリリースすることにした経緯について、「日本市場では中国や韓国など海外勢のタイトルが増えてきたが、これをチャンスと捉えて海外でヒットしたタイトルを日本でも提供することにした」と述べた。

両社の役割分担は、テンセントのアカウントから配信し、DeNAはローカライズやマーケティング、カスタマーサポート、運営支援などを行うことになる。「中国で非常に人気のあるタイトルだが、日本国内でMOBAというジャンルが浸透しているわけではない。マーケティングでその面白さを伝えて、タイトルの普及と垂直立ち上げを狙いたい」と期待を示した。

気になる収益への影響については「わからない」とのこと。リリース後、大当たり、もしくは逆に大きく外すなど極端な結果になる可能性があるとの見方を示した。前述のように、MOBAゲームが国内で十分に浸透していないためだが、「ブームのようなものになったとき、かなりのポテンシャルがある」という。
 


両者の提携は、本作のみとなるが、テンセントは有力タイトルを多く抱えていることもあり、他のタイトルでも業業の可能脳性を模索したいとのこと。ただ、『伝説対決』のリリースとヒットさせることが前提で、当面はそちらに注力していく考えだ。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)伝説対決-Arena of Valor-Tencent(テンセント)

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1393億円、営業利益275億円、最終利益229億円(2018年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事