18年7-9月決算、ミクシィに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ミクシィ決算説明会】木村社長「下方修正の理由は『モンスト』...

【ミクシィ決算説明会】木村社長「下方修正の理由は『モンスト』の売上減少」 ARPPUは1Qで想定を下回り、2Qは回復の兆しも通期予想からカバーできず

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

ミクシィ<2121>の木村こうき社長(写真)は、本日(11月8日)開催の決算説明会で、2019年3月通期の業績予想の下方修正の理由について、「『モンスターストライク』の売り上げ減少によるもの」と明かした。この日、2019年3月通期の連結業績予想について、売上高を従来予想の1750億円から1550億円、営業利益を同480億円から420億円に減額していた。

『モンスターストライク』について、リリースから5年経過した現在もなお高い人気を誇っているものの、「アクティブユーザーの水準が期初の想定よりも低調に推移」し、売上は未達となった。さらにアクティブユーザーだけでなく、ARPPUも1Qは想定を下回り、2Qにおいては回復の兆しが見られたものの、下期の挽回ではカバーできない水準になったと判断したそうだ。
 

利益面については、『モンスターストライク』と関連売上の減少に伴い、110億円のマイナスが発生した。『モバイルボール』を2019年春にリリースを延期したことや、新規IPのリリース延期、さらに通信系事業の中止など投資を抑制することで、営業利益で50億円のプラス要因が発生したが、主力タイトルの未達の影響をカバーできなかった。
 
 
なお、3Qでは『モンスターストライク』の5周年イベントを開催したことでユーザーの熱量が上がり、MAUは増加しているとのこと。今後はクリスマスや年始にある毎年恒例の新限定キャラクターの追加を行い、下半期の売上の回復を狙う。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ミクシィ18年7-9月決算

企業情報(株式会社ミクシィ)

会社名 株式会社ミクシィ
URL http://mixi.co.jp/
設立 1997年11月
代表者 木村こうき
決算期 3月
直近業績 売上高1890億円、営業利益723億円、経常利益727億円、最終利益417億円(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2121

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事