18年7-9月決算、イー・ガーディアンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イー・ガーディアン、18年9月期は売上高16%増、営業益28...

イー・ガーディアン、18年9月期は売上高16%増、営業益28%増に ゲームサポートは中国系・韓国系企業の多言語カスタマーサポートの受注に注力

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
イー・ガーディアン<6050>は、11月5日、2018年9月期の連結決算を発表、売上高59億200万円(前々期比16.5%増)、営業利益10億3900万円(同28.1%増)、経常利益10億4900万円(同24.8%増)、最終利益7億3600万円(同28.6%増)となった。
 

主なセグメントごとの状況は以下の通り。

①ソーシャルサポート…売上高18億8800万円(前年同期比10.5%増)
近年急成長しているソーシャルメディアにおいて、監視・CSだけではなく、運用や分析といった多種多様な新サービスの展開や既存顧客への深耕営業に注力した。加えて、拡大するシェアリングエコノミー分野において、シェアリングエコノミー本人認証サービスの提供を開始した。取引先の信頼性担保が課題となっていることから、サービス開始時の本人認証を提供し、運営事業者の本人認証対応に係るリソース削減に貢献する。

②ゲームサポート…売上高24億300万円(同17.5%増)
豊富な運用実績とノウハウの蓄積により既存顧客との関係の強化を目指すと同時に、サービス提供範囲の拡大、日本市場に参入する中国系および韓国系海外ゲーム企業の多言語カスタマーサポートの受注に注力した。また、ソーシャルメディアの普及によりユーザーの発信手段が多様化し、ニーズやリスクの発見が困難となったことを背景に、ゲーム向けアクティブサポートサービスの提供を開始した。ユーザーに対し広範囲のサポートを行うことにより、サービス満足度向上及び離脱防止に貢献する。

③アド・プロセス…売上高は7億3800万円(同9.9%増)
既存の広告審査業務だけでなく、広告枠管理から入稿管理、広告ライティング等の提供サービスの拡大に注力するとともに、派遣・常駐型業務と当社センター業務を組み合わせた効率的な運用により競合他社との差別化を図り、既存顧客への深耕営業を目指した。加えて、長時間労働の是正を背景にBPOサービスニーズが拡大したため、ZRPAツールを自社開発し、業務の自動化による効率化および正確性の向上を推進した。

なお、続く2019年9月期通期の業績予想は、売上高68億100万円(前期比15.2%増)、営業利益11億5900万円(同11.5%増)、経常利益11億7900万円(同12.4%増)、最終利益8億1400万円(同10.6%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年7-9月決算イー・ガーディアン

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事