イマジニアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イマジニア、3Qは売上高32%増、営業益17%増と増収増益に...

イマジニア、3Qは売上高32%増、営業益17%増と増収増益に スマホゲームの市場開拓に向けゲーム製作会社SoWhatを設立

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イマジニア<4644>は、1月29日、2016年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算を発表、売上高33億6800万円(前年同期比32.0%増)、営業利益5億9800万円(同17.4%増)、経常利益7億4300万円(同33.4%増)、四半期純利益5億300万円(同40.9%増)と増収増益での着地となった。
 

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①モバイルコンテンツ事業…売上高27億748万円(前年同期比41.3%増)、セグメント利益7億8968万円(同20.3%増)
スマートフォンゲーム、「auスマートパス」「NTTドコモスゴ得コンテンツ」のキャリア主導サービス、新たな教養メディア「10 M TVオピニオン」の普及、海外へのコンテンツ提供などに取り組んだ。

また、2015年10月にスマートフォンゲームの市場開拓をより一層加速させ確かなものにするため、これまで数多くのヒットゲームの開発に携わってきた実績を持つ馬場一明氏と共同で株式会社SoWhat(資本金1億円、持分比率50%)を設立した。

【関連記事】
イマジニア、スマホゲーム製作会社SoWhatを設立…代表には元NHN Japan、NHN PlayArtのスマホゲーム製作責任者の馬場一明氏が就任

②モバイルコマース事業…売上高2億7162万円(同7.3%増)、セグメント利益342万円(同131.4%増)
デジタルコンテンツとの連携を図り集客を強化することによって、スマートフォン向けのコマースビジネスの拡大およびライセンス及びセールスプロモーションビジネスとしてライセンス提携先の拡充に取り組んだ。

③パッケージソフトウェア事業…売上高4億545万円(同5.2%増)、セグメント利益3939万円(同17.8%減)
新作ニンテンドー3DS向けタイトルの開発に取り組んでおり、メダロットシリーズの新作タイトル『メダロット9』を2015年12月に発売した。

④再生可能エネルギー事業…売上高ゼロ、セグメント損益3906万円の赤字。
2015年12月に農業用水路を利用した小水力発電第1号機の設置を完了した。今後、慎重に安全性や発電性能等を確認しつつ本格稼働を目指す。

なお、2016年3月期通期の予想は、従来予想から変更なく、売上高43億2100万円(前期比20.1%増)、営業利益9億3500万円(同29.6%増)、経常利益10億3500万円(同33.7%増)、当期利益6億7300万円(同44.6%増)を見込む。
 


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イマジニア

企業情報(イマジニア株式会社)

会社名 イマジニア株式会社
URL http://www.imagineer.co.jp
設立 1986年1月
代表者 代表取締役会長 兼 CEO 神藏 孝之/代表取締役社長 兼 COO 澄岡 和憲
決算期 3月
直近業績 売上高45億6900万円、営業利益6億3500万円、経常利益8億5700万円、最終利益4億9600万円(2018年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4644

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事