恋花京〜あさきゆめ、燃ゆる想ひを〜、兼松グランクス、Google Play、App Store、GREEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 兼松グランクス、恋愛シミュレーションゲーム『恋花京~あさきゆ...

兼松グランクス、恋愛シミュレーションゲーム『恋花京~あさきゆめ、燃ゆる想ひを~』を配信開始 陰陽師や貴族の世界で恋愛が体験できる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

兼松グランクスは、平安時代、陰陽師や貴族の世界を描いた女性向け恋愛シミュレーションゲーム『恋花京~あさきゆめ、燃ゆる想ひを~』を本日(12月25日)より配信を開始したことを発表した。

【物語】
千の時を遡った、平安--京都。
平凡な暮らしをしていたあなたに待ち受ける、数奇な運命。 ”都を滅ぼしかねない”力をその身に宿してしまったあなたが出会ったのは、噂の貴公子たちで......!? 高名な陰陽師「安倍晴明」、鬼切りの武士「渡辺綱」、不思議な貴族「光源氏」。 彼らと共に乗り越える幾多の危機。
あなたの行く先に待っているのは、燃えるような恋か、それとも...。

【登場人物】


▼安倍晴明(あべのせいめい)
都で最も高名な陰陽師。 帝や貴族からの信頼も厚く、頼りにされている。 冷静沈着でそっけないが、本当はただ不器用なだけで...。

▼渡辺綱(わたなべのつな)
剛腕で名を馳せる武士。 武士団の長(おさ)として面倒見がよく 誰からも慕われているが、恋愛は不慣れな一面も...?

▼光源氏(ひかるげんじ)
謎多き貴公子。 美しく優雅な物腰だが、その笑顔はどこか人を寄せつけない。 女性を虜にする色男の本当の素顔は...?

▼芦屋道満(あしやどうまん)
晴明に匹敵すると噂される陰陽師。 自分の野望のためには人を利用することも厭わない。 不気味で威圧感のある態度の裏には、 辛い過去を秘めている...?

▼敦潤親王(あつひろしんのう)
帝の息子であり、現東宮(とうぐう)。 自由気ままで、時には他の貴族を困らせることも。 強気で不遜な笑顔の下には、憂いと情熱を隠していて...。

 


■関連サイト
 

App Store

Google Play

GREE版



@infoRengekyo
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 兼松グランクス恋花京〜あさきゆめ、燃ゆる想ひを〜

企業情報(兼松グランクス株式会社)

会社名 兼松グランクス株式会社
URL http://www.granks.co.jp/
設立 2006年7月
代表者 冨永 浩司
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事