イグニス、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イグニス、「【無料漫画】ヒカルの碁 -人気まんがを全巻まるご...

イグニス、「【無料漫画】ヒカルの碁 -人気まんがを全巻まるごと!マンガ帝国-」のiOS版を提供開始 「ヒカルの碁」が全巻無料で読める!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

イグニス<3689>は、100%子会社イグニッションが、アプリ「【無料漫画】ヒカルの碁 -人気まんがを全巻まるごと!マンガ帝国-」(iOS版)を提供開始したことを発表した。シリーズ累計発行部数2,500万部を超える「ヒカルの碁」を全巻無料で読めるアプリは、本アプリが初となる。

本アプリは、マンガ「ヒカルの碁」(全23巻)を1日1巻ずつ、全巻無料で読むことができる。1日1巻以上読みたい場合は、アプリ内課金をすることによって、翌日まで待たずに続きを読むことも可能だ。アプリ内課金は1巻120円と手軽な価格に設定しており、購入した巻は1週間限定で読むことができる。本アプリは、イグニッションが提供する「全巻無料型ハイブリッドアプリ」シリーズの1つで、シリーズ累計500万ダウンロードを達成している。

▼「ヒカルの碁」とは
1999年から2003年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載された、囲碁マンガの代表作品。連載当時、主人公である進藤ヒカルの影響を受けて、囲碁を始める小学生が急増するという社会現象が大きな話題となった。連載終了から10年以上が経過した現在も、当時マンガの影響を受けた若手棋士が「ヒカルの碁世代」と称されるなど、今なお大きな影響力を持つ作品。

原作はほったゆみ。作画は、今年映画化され話題となった「バクマン。」(原作:大場つぐみ)や 2016年に続編映画が公開予定の「DEATH NOTE」(原作:大場つぐみ)など、ヒットを連発する小畑健が担当。小畑健氏は「ジャンプ SQ.」12 月号より新作「プラチナエンド」(原作:大場つぐみ)の連載を開始しており、いま熱い注目を浴びている。

■新連載作品への貢献
本アプリ内に、小畑健氏の新作「プラチナエンド」を連載中の「ジャンプ SQ.」電子版への導線を設置する。これにより、本アプリで「ヒカルの碁」を読んだ読者に対し、同氏の新連載「プラチナエンド」を紹介することが可能となり、マンガ業界のさらなる活性化に寄与することが期待される。


■「【無料漫画】ヒカルの碁 -人気まんがを全巻まるごと!マンガ帝国-」

 

App Store



(c)ほったゆみ・小畑健/集英社 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イグニス

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事