オルトプラスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム提携記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > オルトプラスとリンクトブレインが人材面、営業面で提携…オンラ...

オルトプラスとリンクトブレインが人材面、営業面で提携…オンラインゲームのセカンダリーマーケットでのシェア拡大のため

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
オルトプラス<3672>とリンクトブレインは、拡大するゲームのセカンダリーマーケットの運営ニーズに対応し、マーケットシェアを拡大するため、両社が人材面、営業面で提携することを発表した。

現在、スマートフォンゲーム市場ではサイクルの早い業界環境の中で、リリース後のゲームタイトルの運営委託や売却を行う動きが見られ、このようなセカンダリーマーケットの規模は加速度的に拡大していくと言われている。こうしたマーケットが急速に拡大しつつある背景には、業界内で運営に関する人材が慢性的に不足していることが大きな要因としてあります。これまで家庭用ゲーム機を中心としたゲーム業界では開発終了後、パッケージソフトを販売して、プロジェクトは終了という流れが一般だった。

しかし、現在のフリートゥプレイ型と言われる運営型のゲームサービスでは、サービス開始後の継続した開発と運営が前提となるゲームが主流となっており、開発に強い人材だけではなく、運営に強い人材が必要不可欠となっている。また、サービス開始後も運営人材はプロジェクトに継続してアサインしていくため慢性的に人材不足の状況に陥っている。

この運営人材不足が原因でゲームのサービス終了につながるケースも出てきており、ゲームユーザーにとって不利益になるのみならず、ゲーム業界にとっても深刻な問題ととらえている。こうした中でニーズの拡大し続けるセカンダリーマーケットにおいて、クライアントのニーズに随時応えていくためには運営人材の安定した供給が必要となってくる。

■相互提携による運営人材の安定供給が可能に
オルトプラスはSHIFT<3697>およびシフトプラスと共同でゲーム開発・運営からソフトウェアテスト、カスタマーサポートまでをトータルパッケージングするゲームグロースサービスの提供を開始したが、今回ゲーム業界のHR事業を手がけ、自社タイトルを含め多くの受託の経験を持つリンクトブレインとの提携により、プランニングやディレクションスタッフなど主に人的リソースの供給強化を行えることとなる。これによりゲームグロースサービスの運営部分に関して、安定した体制での提供が可能となり、さらに安心して利用してもらうための環境が整った。

<協業により強化されるポイント>
・タイトル運営におけるリソースの協力
・両社のノウハウを活かしての運営体制変更でのコスト構造の削減などの提案・施策
・ニアショア(国内)・オフショアを利用した開発体制でのコスト構造の変更なの提案・施策
・開発~運営~サポートまでを一気通貫で複数対応できる体制
・ゲーム専用の分析での収益モデルの改善に繋がる提案・施策
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( オルトプラスリンクトブレイン

企業情報(株式会社リンクトブレイン)

会社名 株式会社リンクトブレイン
URL http://linkedbrain.jp/
設立
代表者 岩本真吾
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社オルトプラス)

会社名 株式会社オルトプラス
URL http://www.altplus.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 石井武
決算期 9月
直近業績 売上高33億円、営業損益4億1500万円の赤字、経常損益3億8000万円の赤字、最終損益6億500万円の赤字(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3672

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事