楽天に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム提携記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコムと楽天、「えいぽんたん」などを展開するソーシャルラー...

ドリコムと楽天、「えいぽんたん」などを展開するソーシャルラーニング事業で業務提携…合弁会社を設立し楽天経済圏と連携、事業展開を加速へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ドリコム<3793>と楽天<4755>は、9月12日、ソーシャルラーニング事業を展開する合弁会社「株式会社ソーシャルラーニング準備会社」を設立するとともに業務提携を行うと発表した。合弁会社の出資比率は、ドリコムが50.01%、楽天が49.99%となる。また、合弁会社の社長には、ドリコムの石井 学氏が就任する。ドリコムの「えいぽんたん」などを展開するソーシャルラーニング事業を分離し、ソーシャルラーニング準備会社が11月5日付で同事業を引き継ぐ予定。

ドリコムがこれまでソーシャルラーニング事業で培ってきたユーザーの継続学習ノウハウと、楽天グループが提供する様々なサービスに関するノウハウとそれらのサービスにより形成される経済圏との連家を図り、ユーザー規模の拡大に向けた協業を深めることで、より付加価値の高い教育サービスを開発/提供する、としている。両社からそれぞれ従業員が出向する。

近年、国内外におけるソーシャルラーニングコンテンツの増加や、教育系スタートアップ企業が相次いで資金調達を行い、積極的な投資を行っている。当初と事業環境が大きく変化する中、事業の成長性をさらに高めるため、教育コンテンツの開発運用の強化と、ユーザー規模の一層の拡大を実現するための体制が必要と判断し、今回の提携に至ったという。

なお、連結業績への影響は軽微となる見込み。また単独決算で、1億9100万円の事業分離による移転利益を計上する見通し。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 楽天ソーシャルラーニング準備ドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事