スマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【帝国データバンク調査】IPO検討企業の4割が上場基準緩和す...

【帝国データバンク調査】IPO検討企業の4割が上場基準緩和すべきと回答

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
帝国データバンクが4月25日に発表した「新規株式上場意向に関するアンケート調査」によると、上場を検討している企業の38.3%が上場基準を「緩和すべき」と回答したとのこと。

この調査は、2月15日から3月11日にかけて、未上場企業(3806社)を対象に行ったIPOの意向に関するアンケート。回答のあった1213社(回収率31.9%)のうち、「IPOの意向がある」と回答した株式上場予備軍は566社だった。

566社に具体的な上場計画などを聞いたところ、上場予定時期は「未定」が45.4%と約半数を占めた。具体的な上場時期は「2014年」が12.2%と最も多く、2013年が12.5%、2015年が8.5%と続いた。

上場する理由は、「知名度や信用度の向上」が74.9%でトップ。「資金調達力の向上」が58.7%、「人材の確保」が40.5%と続いた。市場は「東証マザーズ」が37.6%が最も多く、次いで「大証JASDAQ」が35.0%だった。

また、海外市場については、38.7%の企業が「(具体的な検討の有無にかかわらず)興味がある」と回答したものの、海外市場へ実際に上場を検討している企業は4.8%にとどまった。

帝国データバンクでは、各証券市場の取り組みや、スマートフォン市場の拡大による情報サービス業の隆盛などプラス要因もあるものの、これらが震災の影響と2010年まで続いた低迷の流れを覆すとは言い難い、とまとめている。

 

調査の詳細

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事